だって島国なんだもの

海鮮、お米の国代表日本の日常生活に無くてはならない食べ物。それは米です。
米は主食の中の主食で、米が嫌いな日本人をあまり見ません。とある芸能人が自分への戒めで禁食を設けるほどに生活の中でなくてはならないものです。
そしてその米に一番合うのがなんと言っても魚だと思います。魚の種類も星の数ほど水揚げされていて、海に面した都道府県ではその都道府県ならではの魚も水揚げされています。
その中でもリーズナブルに食べれる魚からとれた明太子はご飯に乗せて食べるだけで何杯でもご飯が進む代物。
やはり魚介類から得られるものは日本の最高のバランス食材なんだと思います。

その中でも高級食材、カニ。カニには様々な種類があり、味、風味、食感、全てにおいて高級感が漂っています。
もちろん実際高いです。

カニと明太子はコスト的に両極端ながら同じ食卓に出てきたとしてもなんら不思議はないほどに相性がいいと思います。
そこにご飯や、米から出来る日本酒がある限り、その相性を壊すものはないと言っても過言ではないでしょう。
日本酒も日本を冠名にしているほどに国のものであると言っている訳で、この相性はどえれをとっても絶品であると言えます。

このように日本にはカニのような高級食材と明太子のような特産を含めてもとても魚と親しみをもって生活してきている文化だということを自信持って言えるわけです。

シンプルに食べれる明太子も保存性を保つために工夫されてきて食材としての今がある訳で、魚文化の改革は明太子にもあるだろうと言えます。
それほどに日本は魚介類との関わりが多い国だと言えるでしょう。

LINK LIST

美味しいお米を通販でゲットするなら@宅配農場精米人